コーヒーの飲み過ぎで口臭がきつくなる

コーヒーの飲み過ぎによる口臭

run

コーヒーが好きで毎日欠かさず飲んでいるという方。口臭のケアは大丈夫ですか?

 

コーヒーを飲んだからといって必ず口臭が発生するわけではありませんが、フェノールという化合物によって口臭が発生する可能性があります。

 

でも、毎日飲んでいるコーヒーをやめるなんて、そんな簡単に考えられませんよね。
どうすれば、ニオイを抑えられるのでしょうか。

 

コーヒーの種類を変える

飲んでいるコーヒーの種類によって、口臭の強さが変わってきます。

 

苦みが強い深煎りのコーヒーは、、フェノールが舌に残ることも多く、このニオイが苦手な人に不快な思いを与えてしまうかもしれません。

 

口臭を抑えるなら深煎りのコーヒーではなく、アメリカンコーヒーや中煎りコーヒーを選ぶと口臭を抑えることができます。

 

砂糖やミルクを使わない

run

あなたは、ブラック派ですか?それとも砂糖やミルクを使う派ですか?

 

実は、砂糖やミルクを使っているコーヒーの方が、ブラックコーヒーよりも口臭が発生する可能性が高くなります。

 

砂糖やミルクに含まれいる糖分が、口の中に残っていると菌が繁殖しニオイのもととなります。

 

ブラックコーヒーには糖分が含まれていないので、ニオイが発生しません。

 

口臭が気になる人は、砂糖ミルク入りのコーヒーをやめて、ブラックコーヒーにシフトするのも口臭対策の一つです。

 

最後に

コーヒー好きであれば、コーヒーをやめるのは考えられないですよね。なので、無理をする必要はありません。

 

コーヒーを飲んだら、水で口をゆすぐ、緑茶を飲むなど対策をすれば口臭はそこまで気にならなくなるはずです。

 

相手のことを考えてニオイ対策をしていきましょう。

 

コーヒー 口臭