よくない汗が体臭をきつくしてしまう

体臭は周りの人を不快にさせる

kusai2

会社で上司や同僚とすれ違った時、プ〜ンとにおってくる汗臭さ、これには「うっ!」となってしまいます。決して快いものではありません。
家庭では子供たちの汗臭いにおい、お父さんの独特の匂いなどがあります。自分の体臭のせいで損をしている人は少なくないかもしれません。

 

仕事では仲間との関係やビジネスの成功率に良くない影響があります。

 

家庭ではお父さんがみんなから避けられるという残念なことも起こります。なぜ汗はにおうのでしょうか。どうすれば嫌な体臭をケアすることができるでしょうか。

 

なぜ汗がにおうのか

ase

汗は体の体温を下げたり、血液をろ過して過剰な水分を排出してくれたりします。良い汗はさらっとしていてにおいません。

 

95%以上が水分です。でも、このろ過機能がうまくいかず、血液中のミネラルを含んだものが汗として排出されるとにおってくるのです。

 

これが、「よくない汗」となり、この汗が皮膚にとどまり続けることにより体臭が次第に強くなっていきます。

 

運動不足が原因のことがあります。いつも適度に運動しているならさらっとした汗をかきやすくなります。しかし、ほとんど運動することがない人は汗の出方が違い、ベタッとした、よくない汗が出やすくなります。

 

また、食生活も原因となります。乱れた食生活や、肉や揚げ物など脂分の多い食事を好んで多くとる人は、皮脂腺から余分な油脂成分が多く出るようになります。これが汗の成分と反応してににおいが強くなることがあります。

 

良い汗をかく方法

run

体臭を心配して、一切汗をかかないようにするということは全く不健康です。さらっとした良い汗をかくようになれば体臭はかなり減らせます。

 

お風呂での汗かきトレーニングは良い方法です。まず、熱めにしたお湯に半身までつかります。これにとって汗腺を開きます。次にお湯をぬるくして全身までつかりリラックスします。汗がどっと出てきます。

 

お風呂から上がったら水分をしっかりふき取り、すぐに服は着ず、そのまま汗を乾燥させます。肌がサラサラになったら服を着ます。これを繰り返すことによってにおいのしない、さらっとした汗をかくようになります。

 

食べ物にも注意しましょう。抗酸化作用のある食品をたくさん食べましょう。野菜や果物、海藻などをよく食べるようにすれば体の新陳代謝で出る有害物質がたまるのを防いでくれて、体臭の原因を除き去ってくれます。

 

まとめ

体臭の原因の一つとして「汗」があります。生活習慣を改善して健康のあかしともなる「良い汗」をかきましょう。

 

さわやかな汗はにおわず、周りの人からも「がんばっているね」とか「若々しいね」などと良い言葉をかけてもらえるかもしれません。